A/Bテストでサイトの最適化を図ろう|今web業界に必要なテスト

オフィス

計画性が求められる

パソコンを操作する人

A/Bテストを効率的に行なうためには、テスト設計をしっかりと立てなければなりません。この段階でグダグダになってしまうとスムーズに進めることができなくなってしまいます。目標と実施プランを立てた上で、A/Bテストに臨むことが肝心になってくるでしょう。いつテストを始めいつまで行なうのかという点を考えることが大事です。効果が得られやすい期間を知っていれば、期間の設定がしやすくなります。また、その他にもテストの内容を決めて仮設を立てたりすることも重要です。テストのポイントは、いくつものテストを同時に行なおうとしないというところです。複数も行なってしまうとデータの収集に時間がかかってしまいます。内容を1つに絞り実施することで、着実に改善点を見つけることができますし、データ収集もスムーズに行なうことができるはずです。

実際にA/Bテストを行なうときに意識した方が良い点は、キャッチコピーのテストやビジュアル、クリックボタンです。キャッチコピーはいわゆる訴求のことで、ターゲットを獲得するために必要不可欠です。キャッチコピーのA/Bテストを行なうとすれば、Aはユーザーのみに作り、Bはユーザー関係なく効果をアピールした内容にするのです。そうすると、どちらの方がユーザーは惹かれるのか分かります。ビジュアルのテストを行なう場合は、Aは人を使用し、Bはイラストを使用するのです。
このように双方異なる内容にすればテストを成功させられるでしょう。